ランナーの為の比較ポータルサイト【ランコンドットコム】|お台場マラソン

ログイン
TOP > 管理者ブログ

●プロによるコラム最終回 【筋力トレーニングでさらにパワーアップ】

ランニング

コラム第4回

【筋力トレーニングでさらにパワーアップ】

 

このコラムも4回目を迎えることができましたが、今回が最終回になります。

一番最初にお話した「スピードアップ」するためのドリルを覚えていますか?

スピードアップのためには、短距離競走のトレーニング方法を参考にするのもオススメですが、

今回はもう1つの方法をご紹介しましょう。

 

 

「筋力トレーニング」と聞くと皆さんどう感じるでしょうか?よく聞かれる声は

「筋トレしたらムキムキマッチョになっちゃうでしょ〜!」とか

「筋トレは身体を硬くするし、重くなる!」といった声です。

 

筋力トレーニングは、本当にムキムキマッチョになって、重くて硬い身体を作ってしまうのでしょうか?

 

筋力トレーニングには、目的によっていくつかのやり方がありますが、その目的は、

筋持久力(筋肉が出来る限り長く、あるいはたくさん同じ力を出し続けることができる力)

筋肥大(筋肉のサイズを大きくする)

筋力向上(最大限強い力を出す)

パワー向上(より強く、そしてより速く動く能力)

大きく分けるとこの4つの目的でトレーニングのやり方を調整していきます。

 

では、どれがマラソンのために必要なのでしょう?という話しになりますが、必要な度合いは違えど、どれも必要だと言えます。

 

フルマラソンを走りきるため、それ以前に、マラソンを完走するためのトレーニングをするためには、トレーニングをするための筋力が必要です。

 

ランニング動作をたくさん繰り返したり、色々なエクササイズやドリルを繰り返すことができる筋持久力は

まず最初につけたい筋力と言えますし、筋肉はサイズが大きいほど力は大きく出せます。

強い力が出せれば、さらにそこにスピードが加わることでパワーアップし、

より一歩のストライドが大きくなることも期待できます。

もちろん、筋力トレーニングをしたら、それなりに身体のケアをしてあげなければいけませんので、

ストレッチングや栄養摂取、休養も欠かせません。

こういったトレーニングからカラダのケアまで、全てをちゃんとおこなうことを、「コンディショニング」と呼びます。

 

どれが欠けてもいけないのです。

 

そして最も皆さんが気にされているでしょう、ムキムキマッチョになるためのトレーニングは、そんなに簡単なことではありません。

かなり辛いトレーニングをおこなって、ようやく筋肉はムキムキになれるほどです。

もちろん、きちんとトレーニングができればある程度は筋肉もしっかりしてきます。

しかし、男性と女性ではホルモンの違いにより筋肉のつき方には差がありますし、同じ男性や女性の中でも個々人によってその度合いは違います。

 

決して筋肉がしっかりしてマイナスになることはありません。

むしろ色々な面で得をすることの方が多いのです。

 

より効果的なトレーニングをおこなってもらうためには、私たちのようなトレーニングの専門家に定期的にチェックさせていただくことも必要になりますが、地道に続けていただければ、そのチェックの機会も減らしていくことができます。

その頃には、他のランナー仲間の方々に、皆さん自身がトレーニングについて教えるようになっているかもしれませんね!

 

 

 

いかがでしょうか?

筋力トレーニングと動作向上のためのドリルや練習、さらにストレッチングなどのケアを上手く組み合わせておこなえば、ムキムキマッチョで重くて硬い筋肉はできないのです。

むしろ、あまり体型は変わらなくても、今までよりも力が出せるようになったり、

しっかりとエネルギーを消費できるようになったりします。

さらに、コンディショニングを習慣的に続けることで美しいスタイル作りも可能になります。

ただし、そのためには時間がかかりますので、

例えば3日や1週間で劇的に変わるような「魔法のトレーニング」はないということだけ覚えておきましょう。

 

 

これまで4回にわたり、マラソン完走のためのお話をさせていただきましたがいかがでしょうか?

これから走ろうかなと思っている方や、もうすでにマラソンの経験もあり、もっと速く走りたいと思っている方まで、幅広いレベルの方々にご覧いただき、参考にしていただければと思います。

ここでお話ししたことは、どのレベルの方にも参考にしていただける内容です。

ここでは書ききれないことが他にもたくさんあり、是非みなさんともその情報を共有していきたいと思いますが、それはまたの機会ということで。

 

 

とにかく、皆さんには走ることを末永く楽しんでいただきたいと思います!

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コラムの内容を講習会で体験できる

ランナーズフィジカルコーチ講座プレセミナーについての詳細はこちらから↓↓

http://www.jbwta.jp/professionals/running/

 

 

プロフィール:

筒井 健裕(つつい たけひろ)

SPRINT代表

Running Club Hercules主宰

 

1979年5月25日生 34歳

資格

NSCA認定パーソナルトレーナー、健康運動指導士、中学校・高等学校教諭専修免許状(保健体育)

学歴

日本体育大学大学院 体育科学研究科博士前期課程修了 体育科学修士

競技歴等

陸上競技短距離 100m自己最高記録10秒56

DVD 運動会で1番になる方法(株式会社ジースポート) 出演

職歴・指導歴

日本体育大学陸上競技部 短距離コーチ

医療法人社団緑栄会 田園都市整形外科メディカル・フィットネス 施設主任

流通経済大学ラグビーフットボール部 ストレングス&コンディショニングコーチ

流通経済大学 スポーツ健康科学部 非常勤講師   

ヒューマンアカデミー東京校 スポーツカレッジ 非常勤講師        

千葉商科大学 政策情報学部 非常勤講師   

特定非営利活動法人Medical Exercise and Training 理事

JR東日本ランニングチームトレーニングサポート

SPRINT 開業

2013年 Running Club Hercules活動開始

その他アスリートのトレーニングサポート

 
2013/12/24 14:42

注目ランナーズスポット

東京都江東区有明2-3-5
9:00~21:30(プール更衣室は9:30から)
※休館日:毎月第2・4月曜日(祝・休日の場合は翌日)
東京都江東区有明3丁目7−26有明フロンティアビル1F
平日 7:00〜22:30
土日祝日 7:00〜18:00
休館日 年末年始
ステーション情報をもっと見る

注目ラントレーナー

近年ランニングブームによりランニングをされる方が多くなってきております。 ランニングをしている中で膝や腰などにケガをしてしまう方も多くなってきているのも現状です。 負担のない身体の使い方をトレーニングやランニングドリルなどを通して取得して楽しいランニングライフを過ごしていきましょう。 ランニング後の身体のケア方法やランニングのみでなく色々なスポーツ種目のためのトレーニングなども提案させていただきます。
ランニングは必ずケガをするスポーツです。ケガをしないために正しいフォームを習得し省エネで楽に走ってみましょう。そしてストレッチなどの身体のケア・コンディショニングをしてよりケガしないように!より走りやすいように!自分のベストパフォーマンスを発揮できるようにしていきましょう。
トレーナー情報をもっと見る