ランナーの為の比較ポータルサイト【ランコンドットコム】|お台場マラソン

ログイン
TOP > 管理者ブログ

RUN × MUSICコラム まとめvol.1

ランニング

RUN × MUSICコラム まとめvol.1

 

 

【運動と音楽の深い関係】

〜音楽×運動〜

運動のそばには意外に多くの音楽が存在します。

幼児教育や表現教育のリトミック、音楽に合わせて身体を動かすエアロビクスダンス、そして音楽療法。

これらには医科学的に音楽の機能性が重要な役割を果たしている事実が認められています。

 

その音楽を構成する要素は6つ。

リズム、旋律、ハーモニー、音色、強弱、緩急。

このなかで、運動にとって重要な要素は・・・、 「リズム」

 

音楽のリズムと同様、運動にも「リズム」が存在します。

ジョギングのステップ、自転車のペダリング・・・、

夏休みの早朝、「1、2、3、4」の「リズム」に合わせたラジオ体操・・・。

社交ダンスの「1、2、3」のカウント・・・ などなど。

 

今、音楽のチカラが科学され始めているのです。

 

〜身体のリズム〜

一方、身体にも常にリズムが存在します。

「呼吸」と「心拍」。そして、「運動」のリズム。

息を吐いて吸っての呼吸のリズム、心臓から血液を送り出す心拍のリズム。

そして、例えばジョギングの足を前へ振り出す運動のリズム。

これらはバラバラに存在するのではなく、全てが連動していて相互関係があるのです。

 

【運動リズム×呼吸リズム×心拍リズム】

〜CASE1 運動リズム×呼吸リズム〜

安静時とは異なり、運動時には多くの酸素を摂取することで運動が続けられます。

持久力が求められるジョギング、ウォーキングなどの有酸素運動では、効率良く酸素を摂取することが重要です。

運動と呼吸のリズムを同期させ、酸素摂取効率を高めることによって、呼吸がラクになりパフォーマンスアップにもつながります。

 

〜CASE2 運動リズム×心拍リズム〜

静脈を囲む足の筋肉が収縮すると、ポンプ作用によって心臓に血液が送り戻されます。

戻ってきた静脈血液は心臓を押し広げ、心臓は負担が少ないタイミングで収縮しようとするのです。

この原理をうまく活用し、一定のリズムで運動と心拍を同期させれば、効率よく血液が循環し、楽に運動が持続できます。

 

〜CASE3 運動×呼吸×心拍=3つのリズム〜

以上の3つが相互に作用し合うと、3者のリズムが同期してきます。

例えばステップ160回/分、呼吸40回/分、心拍160回/分というように、

安定した状態の継続が「カップリング現象」であり、効率の良い運動の理想形に近づきます。

 

 

3つのリズムが同期すると、筋肉運動の「緊張と弛緩」や着地のタイミングとも連動し、 運動活動のてのリズムがハーモニーを起こす。

目には見えないシンプルなこの理論が、 劇的なパフォーマンスアップへとつながる可能性を秘めています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜まとめvol.2に続く・・・

 

提供:エクシング株式会社

 

 

すべての人のためのエクササイズコンテンツ
JOYBEATは、気軽に始めて楽しく続けられることを目的として作られたエクササイズ
コンテンツです。老若男女・レベルを問わず楽しめる多彩なプログラムです。
 

 

2013/12/13 10:32

注目ランナーズスポット

東京都江東区有明2-3-5
9:00~21:30(プール更衣室は9:30から)
※休館日:毎月第2・4月曜日(祝・休日の場合は翌日)
東京都江東区有明3丁目7−26有明フロンティアビル1F
平日 7:00〜22:30
土日祝日 7:00〜18:00
休館日 年末年始
ステーション情報をもっと見る

注目ラントレーナー

近年ランニングブームによりランニングをされる方が多くなってきております。 ランニングをしている中で膝や腰などにケガをしてしまう方も多くなってきているのも現状です。 負担のない身体の使い方をトレーニングやランニングドリルなどを通して取得して楽しいランニングライフを過ごしていきましょう。 ランニング後の身体のケア方法やランニングのみでなく色々なスポーツ種目のためのトレーニングなども提案させていただきます。
ランニングは必ずケガをするスポーツです。ケガをしないために正しいフォームを習得し省エネで楽に走ってみましょう。そしてストレッチなどの身体のケア・コンディショニングをしてよりケガしないように!より走りやすいように!自分のベストパフォーマンスを発揮できるようにしていきましょう。
トレーナー情報をもっと見る